WikipediaがAIを使って記事の編集・改変によって品質が下がっていないかどうかを判断できるツール「ORES」をオープンソースで公開|ソフトウェアアプリのダウンロード・再生

シェア記事:

WikipediaがAIを使って記事の編集・改変によって品質が下がっていないかどうかを判断できるツール「ORES」をオープンソースで公開-HotApp4Game


オンライン百科事典「Wikipedia」は、誰もが自由に編集・改変できるオープンさのおかげで世界中のユーザーに利用されていますが、そのオープンさ故に悪質な編集によって記事のクオリティが低下することは避けられません。このために改変の内容をチェックして時には削除や書き直しを行うWikipedianによる精査・修正作業が欠かせないのですが、新たにAIを活用したオープンソースプログラム「Objective Revision Evaluation Service (ORES)」を導入したと、Wikipediaを運営するWikimedia財団が公式ブログで明らかにしています。

Artificial intelligence service gives Wikipedians ‘X-ray specs’ to see through bad edits « Wikimedia blog
https://blog.wikimedia.org/2015/11/30/artificial-intelligence-x-ray-specs/

従来からWikimedia財団は、記事にいわゆる「荒らし」行為がないか、事実誤認がないかなど、記事の品質を担保する目的でWikipedianが編集権を行使するのを手助けするソフトウェアを開発・提供してきました。代表的なものとしてAntiVandalBot(AVB)と呼ばれる「荒らし駆逐ボット」があり、AVB開発の経緯については以下の記事を見ればよく分かります。

Wikipediaはいかに改竄・ねつ造など荒らし行為を駆逐し続けてきたのか?

WikipediaがAIを使って記事の編集・改変によって品質が下がっていないかどうかを判断できるツール「ORES」をオープンソースで公開-HotApp4Game


今回、新しく開発されたソフト「ORES」は、記事が編集された際に、その編集内容が文法や文脈などの観点から、記事の品質を下げるものかどうかを、数値で表示するもの。あくまで文法や文脈においての品質の問題であり、チェックすることが困難な「内容の真実性」について判断するものではないという点は注意する必要があります。

ORESには、記事の編集によって品質低下がないかを判断する「damaging」モード、編集が誠実に行われたかどうかを判断する「goodfaith」モードなどが用意されており、使い方はウェブブラウザでURLに「http://ores.wmflabs.org/scores/(言語)/(モード名)/(編集ID)」と入力して開けばOK。

例えば、「英語版」Wikipediaにある以下の記事で行われた編集ID「642215410」の編集によって品質の低下がないかどうかを「damaging」モードで調べる場合は、「http://ores.wmflabs.org/scores/enwiki/damaging/642215410」と入力すればOKです。

WikipediaがAIを使って記事の編集・改変によって品質が下がっていないかどうかを判断できるツール「ORES」をオープンソースで公開-HotApp4Game


すると「false」が約0.05、trueが約0.95と数値化されました。この編集によって品質の低下はないようです。

WikipediaがAIを使って記事の編集・改変によって品質が下がっていないかどうかを判断できるツール「ORES」をオープンソースで公開-HotApp4Game


一方、編集ID「638307884」の場合は……

WikipediaがAIを使って記事の編集・改変によって品質が下がっていないかどうかを判断できるツール「ORES」をオープンソースで公開-HotApp4Game


falseが優勢ということで「品質低下の恐れアリ」。ここで初めてWikipedianがチェックすればOKというわけです。

WikipediaがAIを使って記事の編集・改変によって品質が下がっていないかどうかを判断できるツール「ORES」をオープンソースで公開-HotApp4Game


ORESは既存の公開されたAI技術を用いたプログラムで、オープンソースとしてAPIを公開しています。これまでもAI技術を取り入れた編集者用ツールは数多くあったそうですが、それらは新米Wikipedianには取っつきにくいものが多く利用されなかったという反省をふまえて、単なる数値で診断するシンプルな形にしたそうです。なお、記事作成時点ではORESは英語、スペイン語、ドイツ語、フランス語など14言語のWikipedia記事に対応していますが、日本語版はまだリリースされていません。

・関連記事
Wikipediaはいかに改竄・ねつ造など荒らし行為を駆逐し続けてきたのか?

Wikipediaの編集者に金を払って記事を掲載してもらう隠された世界の実態とは

Wikipediaの舞台裏「Wikipediaの管理者」とは?

これがWikipediaの裏側、知られざる大規模システムの実態「Wikipedia / MediaWiki におけるシステム運用」

Wikipediaにひとりで270万もの記事を投稿した男の正体とは?

Wikipediaを悩ませる「なりすまし投稿」とその黒幕ステマ会社「Wiki-PR」社とは?

Wikipediaで編集合戦が行われている記事主要言語別トップ10

Wikipediaに記事内容を削除するよう圧力をかけたら逆に注目を集める結果に
シェア記事: