Googleが激安1万円台スマホ「Android One」を2014年9月発売へ|ハードウェアアプリのダウンロード・再生

シェア記事:

Googleが激安1万円台スマホ「Android One」を2014年9月発売へ-HotApp4Game


Googleが主に新興市場をターゲットに開発を進めてきた売価1万円程度という激安スマートフォン「Android One」が、9月にインドで発売されることが明らかになりました。

Android One set for India debut in September; Micromax, Karbonn ready to launch smartphones - The Economic Times
http://economictimes.indiatimes.com/tech/hardware/android-one-set-for-india-debut-in-september-micromax-karbonn-ready-to-launch-smartphones/articleshow/40876824.cms

Googleが激安1万円台スマホ「Android One」を2014年9月発売へ-HotApp4Game


Report: First Android One devices hit India next month for $115-$165 | Ars Technica
Googleが激安1万円台スマホ「Android One」を2014年9月発売へ-HotApp4Game


また、OSは2014年10月に登場するとみられるAndroid Lへのアップグレードも可能とのことで、ユーザーに低価格でAndroid端末を提供し、囲い込みを狙うものとなっています。

インドは約10億人という人口を抱える国であり、Googleにとってインドという選択は理にかなったものと言えそうです。今や世界最大の市場は中国ですが、さまざまな理由をもとにGoogleではあまり中国には力をいれておらず。第2の市場であるアメリカではすでに好調。これに次ぐ第三の市場としてインドに狙いを定めたGoogleの戦略は自然の流れといえるものです。さらに、インドのスマートフォン市場は、2014年第1四半期には世界で最大の伸びを見せており、これはインド国内のスマートフォン利用率が10%にしか満たない市場であることを考えると驚異的な数字。10億人を超えるインドでスマートフォンが伸びる余地はとてつもなく広いと考えられます。

そんなインドの一風景を収めているのが以下の記事。電車のチケットを買うために激しい争いが繰り広げられている光景を垣間見ることができます。

チケットを買う、ただそのために壮絶な死闘を繰り広げるインドの駅

Googleが激安1万円台スマホ「Android One」を2014年9月発売へ-HotApp4Game


Googleでは10億ルピー(約17億円)の予算をかけて広告宣伝を進めていく予定。まずはインドをテストケースとし、状況によっては他の国へも広げていくことになっています。世界のマーケットシェアの分析を行うIDC
によると、Androidの全世界シェアは85%と、iPhoneの12%、Windows Phoneの2.5%を大きく引き離している状況。今後の見通しについてIDCは「さらにAndroid Oneのような低価格機へのニーズが高まり、スマートフォン全体で占めている59%からさらにシェアは増えて行くものと考えられる」と語っています。

・関連記事
わずか4000円で購入できるFirefox OS搭載・3.5インチ小型スマホが登場

約1万円と激安のSIMフリースマホ「ASUS Zenfone 4」は果たしてまともに使えるのか?

最安5000円から好きな機能の自作スマホができるGoogleの「Ara」動作デモを発表、3Dセンシング「Tango」タブレットも登場

全身をカラフルに染めて春を祝うホーリー祭に行ったら戦場でした

インドでインド料理に飽きてスターバックスに行ってみたらやっぱりインド料理でした

牛が神聖なインドでシャトーブリアンを食べてきた

電気も水もない村で行われた「インド人大運動会」に行ってきた
シェア記事: