近く発表される「Amazonスマホ」と独自の研究開発機関「Lab126」とは|動画アプリのダウンロード・再生

シェア記事:

近く発表される「Amazonスマホ」と独自の研究開発機関「Lab126」とは-HotApp4Game


発表が間近に迫っていると噂されているAmazonが独自開発したスマートフォンですが、その開発には「Lab126」というAmazonが独自で抱える研究開発機関が携わっているとみられています。

Inside the Secretive R&D Lab Behind the Amazon Phone - Businessweek
http://www.businessweek.com/articles/2014-06-17/inside-the-secretive-r-and-d-lab-behind-the-amazon-phone

Lab126は2004年に設立されたAmazonの子会社で、シリコンバレーの中心地とも呼ばれるカリフォルニア州クパチーノに拠点を構えています。その設立目的は、Amazonが自社開発した電子ブックリーダー「Kindle」の開発のためであり、その後のKindleシリーズや、Apple TVやChromecastと同種類のストリーミングデバイスであるFire TVバーコードや声を使って商品を購入できるデバイス「Amazon Dash」などの開発も担当してきています。

近く発表される「Amazonスマホ」と独自の研究開発機関「Lab126」とは-HotApp4Game


投資家などの中からは「なぜAmazonは本業である書店から逸脱してリスクの高いハードウェアビジネスを行うのか?」という疑問を投じる声があるのも事実ですが、逆にAmazonにとっては「なぜやってはならない理由があるのか?」という疑問になるのかもしれません。Amazonは大きな売上高から得られる利益の多くを投資に向けているとみられ、近く発表される「Amazonスマホ」と独自の研究開発機関「Lab126」とは-HotApp4Game


この3D効果は、以下のiPhone/iPad向けアプリで体験してみることも可能です。

i3D on the App Store on iTunes
https://itunes.apple.com/us/app/i3d/id434844658

Androidにも同様のアプリがリリースされていますが、動作にやや難があるために多くのAndroidスマートフォンではうまく実行されないかも。

Head Tracking 3D - Google Play の Android アプリ
近く発表される「Amazonスマホ」と独自の研究開発機関「Lab126」とは-HotApp4Game


なお、Amazonスマホの価格や料金設定などはまだ明らかにされていませんが、ウォールストリートジャーナルの報道によると、アメリカ国内でのAmazonスマートフォンのキャリアはAT&Tが独占的にサポートするとみられています。

・関連記事
Amazonが独自のスマートフォンを発表へ、端末と思われる写真も流出


Amazonのオリジナルスマートフォン「Amazon Phone」は前後6つのカメラを搭載予定

Amazonスマートフォンは「裸眼3Dディスプレイ」を採用し、2014年秋にも発売されると報じられる

Amazonが「Kindle自動販売機」を空港などに設置し始める
シェア記事: