マイクロソフトのWindowsでシステムを制御しているイランの原子力発電所でエラーが発生|メモアプリのダウンロード・再生

シェア記事:

マイクロソフトのWindowsでシステムを制御しているイランの原子力発電所でエラーが発生-HotApp4Game


ロシア国営原子力企業「ロスアトム」が建設を請け負っているのが、イランのブシェール・ポートにあるブシェール原子力発電所。

もともとはドイツのシーメンスが1970年代に建設を開始したわけですが、イラン革命やイラン・イラク戦争で中断し、1995年にロシアが建設を引き継いだカタチになっており、いわゆる「核疑惑施設」ではなく、商業施設扱いの原子力発電所となっています。本来は昨秋に稼働する予定だったのですが、延長に延長を重ね、2009年2月25日にはようやく完成した1号原子炉を報道陣に公開、ついに稼働開始寸前までこぎ着けたのですが、なんと「エラー」が発生してしまい、本稼働は2009年末にさらに延期されてしまいました。

エラー画面は以下から。
Iran's Bushehr nuclear power plant in Bushehr Port - UPI.com

これ。どう見てもWindowsです。

マイクロソフトのWindowsでシステムを制御しているイランの原子力発電所でエラーが発生-HotApp4Game


これはシーメンスの「マイクロソフトのWindowsでシステムを制御しているイランの原子力発電所でエラーが発生-HotApp4Game

マイクロソフトのWindowsでシステムを制御しているイランの原子力発電所でエラーが発生-HotApp4Game

マイクロソフトのWindowsでシステムを制御しているイランの原子力発電所でエラーが発生-HotApp4Game


それにしても、こういう原子力発電所は何か専用のOSや独自OSで動作しているのかと思っていたのですが、こんなところまでWindowsが使われているとはオドロキです。

・関連記事
もし神がコンピュータで天地創造していたら

北京オリンピックの開会式にブルースクリーンが登場していた

Windowsのブルースクリーンを再現するスクリーンセーバー

Windows Vistaのエラーは「レッドスクリーン・オブ・デス」

Googleのありとあらゆる検索結果に「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります」と表示される事態が発生
関連検索:
シェア記事: