タブレット端末などの小型化や高速化を実現可能に、サンディスクが世界最小の高性能SSD「iSSD」を発表|ハードウェアアプリのダウンロード・再生

シェア記事:

タブレット端末などの小型化や高速化を実現可能に、サンディスクが世界最小の高性能SSD「iSSD」を発表-HotApp4Game


サンディスクが本日、世界最小サイズで高速転送を実現したSSD「iSSD」を発表しました。

主にモバイルパソコンやタブレット端末向けのモデルとなっていますが、切手よりも小さい超コンパクトサイズであるため、端末自体の小型化に大きく貢献するだけでなく、高いパフォーマンスを実現することが可能となっています。

詳細は以下から。
SANDISK INTRODUCES WORLD’S SMALLEST 64GB SOLID STATE DRIVE

サンディスク、世界最小サイズで大容量64GBの ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)を発表
新カテゴリー「組み込みSSD」として最初の製品、iSSDを投入し、急成長の超薄型タブレットPCやモバイルPC市場に対応


サンディスクのリリースによると、同社は切手より小型でありながら既存のストレージソリューションを上回る性能と容量を提供する、新カテゴリー「組み込みソリッド・ステート・ドライブ(SSD)」の最初の製品となる「iSSD(integrated SSD)」を開発したそうです。

これがiSSDのイメージ画像。本体サイズが切手よりも小型となる16mm×20mm×1.85mm、重さは1グラム以下という超コンパクトモデルで、容量は4GBから64GBまでがラインナップ。転送速度は読み込み速度が毎秒最大160MB、書き込み速度は毎秒最大100MBと、モバイル向けであるにもかかわらず、かなり高速です。

タブレット端末などの小型化や高速化を実現可能に、サンディスクが世界最小の高性能SSD「iSSD」を発表-HotApp4Game


実際に持ってみたところ。非常にコンパクトであることがよく分かります。

タブレット端末などの小型化や高速化を実現可能に、サンディスクが世界最小の高性能SSD「iSSD」を発表-HotApp4Game


また、小型BGA(ボールグリッドアレイ)パッケージで、業界標準のシリアルATAインターフェースをサポートしており、あらゆるマザーボードでの利用が可能なほか、主要なOSとの互換性もあるとのこと。本体がコンパクトであるため、タブレット端末や超薄型モバイルデバイスの開発にも大きく貢献することを望むことができます。

なお、すでにiSSDは端末開発メーカー向けにサンプル提供されており、現在主要なメーカーが評価を行っているところとされていますが、年末商戦に向けて各社がタブレット端末を発売する予定の昨今、iSSDを採用することで高いパフォーマンスを実現したタブレット端末は登場するのでしょうか。モバイル端末は内蔵メモリの転送速度がおろそかにされがちであるだけに、非常に気になるところです。

・関連記事
サンディスクが10年以上使える新型高速SSD「G4」などを正式発表、HDDと交換可能

長寿命で高性能なSSD「SANDISK G3」を生み出したサンディスクに、SSDについて色々と聞いてみた

「RAIDを過信してはいけない」、データのバックアップやRAID復旧についてHDDのプロに聞いてみた

HDDの容量を飛躍的に向上させる新技術、実用化への道筋が示される

「テラバイト級の光ディスク」を実現へ、ソニーなどが世界初の青紫色超短パルス半導体レーザーを開発
シェア記事: