2011年3月1日

タバコを吸うように「食べ物を吸う」という食べ物の新しい楽しみ方を経験させてくれる「Le Whif(ル・ウィフ)」

肺には入らない約80~300ミクロンというサイズのフレーバーパウダーと化したチョコレートやコーヒーの粉末を吸うというありそうでなかった経験をさせてくれるのがこの「Le Whif(ル・ウィフ)」です。カロリーは1つのLe Whifでも1キロカロリー以下しか無く、オーガニックなチョコレートを使用。コー...

約1時間ずっとなめ続けられる「60分キャンディー」、開発のきっかけは漁師の栄養補給

勉強や仕事中にキャンディーを食べると口さみしさを紛らわしてくれますが、10分そこそこで溶けてなくなってしまいます。常人にはそれでもまあ十分なのですが、FOODEX JAPAN 2011では、長時間手がふさがって飲食のできない漁師のリクエストに応じて開発された、耐久性のものすごく高い「60分キャンデ...

まるで表面に直接描いたかのよう、レーザーでイラストを再現した「真・三国無双6」チョコ

昨年のFOODEX JAPAN 2010でレーザーでチョコに精密な模様を描いたオリジナルチョコを披露していた「ショコラール」が、今年のFOODEX JAPAN 2011にも出展していました。昨年度はロゴマークや図柄の印字されたチョコを展示していたのですが、今回は「真・三国無双6」の王元姫をものすご...

1日1500円で稼働する超ミニサイズ「野菜工場」、約40日で野菜が完成

農薬を使わない水耕栽培と光・温度・湿度を人工的に自動コントロールすることによって季節や天候に関係なく野菜をガンガン栽培できる「野菜工場」、実はその最先端を現在ひた走っているのは日本となっており、今回はその中でも最大規模の工場を誇る「ベジタス」が「FOODEX JAPAN 2011」にて、ありそうで...

みそ文化の根付く名古屋からやってきた「巻く赤みそ」、これ1つで何でもかんでも名古屋名物に

名古屋といえば赤みそを使った「味噌煮込みうどん」や「味噌カツ」などが有名で、チューブ式の赤みそ「つけてみそかけてみそ」が一般家庭に浸透している土地ですが、新たに「巻く」タイプの「赤みそシート」が登場しました。 「FOODEX JAPAN 2011」会場内の名古屋の企業・隆祥房のブースでは、自社で開...

人体の「丘」や「谷」や「くぼみ」を地形に見立てたフェティッシュな写真

独学で写真を学んだという社会心理学者のAllan Teger氏(68歳)は、フィラデルフィアで大学講師や薬物依存症患者のカウンセラーとして働いていた70年代に、当時ポップカルチャーに台頭しつつあった「神秘主義」「瞑想」「薬物体験」や「東洋哲学」といった要素に影響を受け、自らの研究内容や大学で教える...

ドリルの集合体とかフラクタル図形のような見た目のすごい野菜「ロマネスコ」

複雑怪奇な模様というか形状をしているため、すさまじいインパクトを見るものに与えるのがこの野菜「ロマネスコ」。今回の「FOODEX JAPAN 2011」ではトキタ種苗の出している「ゲストイタリア」シリーズに「カーヴォルフィオーレ(ロマネスコタイプ)「ダ・ヴィンチ」」というものがあり、ついにこの目で...

ソーダ味のスティック型クレープが期間限定で登場

スーパーなどで棒状のクレープを売っているのを時折見かけることはありますが、「FOODEX JAPAN 2011」で、これまでお目にかかったことのない味のクレープに遭遇しました。 期間限定で発売されるソーダ味のクレープだそうなのですが、そのパッケージのインパクトもさることながら、試食用に出されていた...

2011年3月1日のヘッドラインニュース

バンダイの通販サイト「プレミアムバンダイ」で、マスコレプレミアム 仮面ライダーW セット3とマスコレプレミアム オルフェノクセット ~HUMANKIND EVOLUTION~の受注が行われています。 仮面ライダーWセット3は「仮面ライダーW サイクロンジョーカーゴールデンエクストリーム」「仮面ライ...

ピーマン嫌いのためのピーマン、苦みが少なくピーマン臭もない「こどもピーマン」

子どもの嫌いな野菜第1位なのではないかと言うぐらいに嫌われているあのピーマンが長年かぶり続けてきたその汚名を払拭する機会がついに訪れました。その名は「こどもピーマン」、京都のタキイ種苗が175周年で発表した新品種となっており、そもそも100年以上会社が続いているという事実にも驚きなのですが、その1...