乗り物

テスラ・モデル3、コンシューマーレポートの「オススメ」評価をもらえず

非営利団体Consumers Unionによって出される製品評価「Consumer Reports(コンシューマー・レポート)」が、テスラの量産EV「モデル3」を評価しました。モデルSでは見事に「史上最高」の評価を得たテスラでしたが、肝いりのモデル3では「オススメ」をもらうことに失敗しています。 ...

国内のバス路線を無料にする施策がエストニアで開始予定、世界初の「公共交通機関無料の国」へ前進

by Lauri Rantala 公共交通機関の運賃を無料にする試みは複数の都市で行われていますが、エストニアでは国を挙げてこの施策を進めており、2018年7月から、国内の都市を結ぶバスを無料にする計画を立てています。 EU GREEN WEEK - Estonia To Become The W...

地下トンネルを利用した新交通システムの運賃は「1ドル」だとイーロン・マスク氏が述べる

「テスラ」や「SpaceX」の創業者として知られるイーロン・マスク氏が、ロサンゼルスの渋滞緩和のために進めている地下トンネルを利用した新交通システムについて、わずか1ドル(約110円)の運賃にする予定であることを明かしました。 Elon Musk: Riding the Boring Compan...

「海列車」のように海上を走るトロッコで行ける島がある

デンマーク国境に近いドイツ最北端の小島・ノルトシュトランディッシュモール島は、わずか2本のレールで本土と結ばれています。マンガ「ONE PIECE」に登場する海列車のモデルとされるヒンデンブルクダムよりは小規模ですが、小規模ならではの面白みあふれる姿を見せてくれています。 Narrow Gauge...

1962年のF1モナコGPを車載カメラで撮影した貴重映像

1975年以前に撮影されたレースの映像はあまり多く残っておらず、特に経年劣化でフィルムがダメになってしまうので、高品質なものはとても貴重といわれています。そんな中、1962年に行われたF1モナコGPに関しては、車載カメラの映像を含めてレース前後の様子を収めた高画質映像が残されています。 Monac...

一般道をなんと「時速694km」で走ったとしてスピード違反キップを切られる事件が発生

By Paul Townsend 免許を取って自動車を運転したことがある人の多くはスピード違反(最高速度違反)を意識したことがあるはず。平成28年(2016年)の統計によると、日本国内では1年間で約160万件のスピード違反が取り締まりを受けており、数々の交通違反の中で最も多い違反となっています。普...

私たちと時間の関係は「電車」の登場によって作られた

by Ty つくばエクスプレスで列車が定刻よりも「20秒」早く出発するミスについて、公式サイトにお詫びを掲載したことがニュースとなりました。この例を見てもわかるように、私たちの生活は秒単位でスケジューリングされています。しかし、人が厳密に時間を扱い出した歴史はかなり浅く、電車の登場前は時間と人との...

ヨットの形をした「海のドローン」が海上を航行する理由とは?

無人航空機の「ドローン」は配送や地形調査などで活用されていますが、海上には太陽電池やGPSなどの多くの機器を搭載したヨット型の「海のドローン」が航行中です。ブルームバーグがYouTubeで公開しているムービーでは、海のドローンが何を目的に海上を航行しているのか、その理由に迫っています。 The R...

空気入れ不要な自転車タイヤを3Dプリンターで作成

人々の住居や食生活にまで変化をもたらした3Dプリンターが、製造業に大きな影響を与えたのは周知の事実。そんな中で、スタートアップのBigRepは、産業用の巨大3Dプリンターと特殊な素材を使って、空気入れが全く不要の自転車用タイヤを開発しました。機能面だけでなく、デザイン面も優れているとして話題になっ...

アイアンマンを演じたロバート・ダウニー・Jr.が司会の人工知能についてのドキュメンタリー番組が制作中

by Gage Skidmore 「アイアンマン」「シャーロック・ホームズ」などで知られる俳優のロバート・ダウニー・Jr.が、現在制作中の人工知能(AI)をテーマにしたドキュメンタリー番組の司会を務めると報じられています。番組名はまだ決定していないとのことですが、YouTubeの有料サービス「Yo...