ネットサービス

最大144年まで古い録音の著作権保護期間を延長する法案がアメリカ連邦議会で議論中

アメリカの連邦議会で、1972年以前に作成されたレコード音楽への保護を目的とした新法案「CLASSICS Act」が検討されています。仮にこの法案が承認された場合、1923年から1972年の録音は2067年まで保護期間が延長されることとなるため、一部からは法案への反対の声も挙がっています。 S.2...

怠慢なレジストラのせいでドメインが停止してウェブサービスがダウンしてしまったという驚きの報告

by Michael Himbeault インターネット上の住所に相当するドメインの登録・管理を行う業者をレジストラといいます。レジストラはドメイン割当を行うICANNによる厳格な審査をクリアすることで、ドメイン登録業務に携わることができます。しかし、厳格な審査をクリアしたはずのレジストラによるあ...

Twitterサードパーティアプリは8月からリアルタイムのタイムライン取得が不可になる新API「Account Activity API」発表

Twitterは現地時間の2018年5月16日、既存の「User Streams API」に替わる新API「Account Activity API」を8月16日から提供することを発表しました。この変更により、これまで無制限だったリアルタイムでのタイムライン取得が不可になり「15分で15回」の回数...

5000万人分のFacebook個人データは「文化的戦争で戦うための武器」を作るために不正利用された

by また、「なぜ投資家たちは心理学的プロファイルに基づいて人々の人格を評価し、政治コンサルタントに活用するという方法(政治広告ターゲッティング技術)がうまくいくと考えているのか?」という質問に対して、ワイリー氏はトランプ陣営の選挙対策本部長を務めていたバノン氏やロバート・マーサー氏らは、「文化的...

ドメイン所有者の連絡先などが含まれる「WHOIS」データがGDPR発効の影響で一時的に非公開になる可能性

by Rafael Poveda 2018年5月25日から施行されるEUの個人情報保護規則・GDPR(EU一般データ保護規則)により、「WHOIS」によって得られるような、ドメイン所有者の名前や連絡先の情報の公開は禁止となります。ドメインの情報の維持管理を担うICANNでは、GDPRに準拠しつつ従...

スマートフォンで応対でき周辺監視もできるスマートドアベル「SpotCam-Ring」を使ってみた

「SpotCam-Ring」はWi-Fi対応のドアベルで、訪問者に対してモニター越しではなく、スマートフォンを使って応対することができます。また、ドアホンの映像は外出先からも見ることができ、不審者の有無を監視することも可能です。編集部にSpotCam-Ringの実物が届いたので、実際にどんな感じな...

Facebookはわずか3か月で5億8300万件のフェイクアカウントを削除、不適切なコンテンツに対する状況レポートを初公開

By Stock Catalog SNS分野で大きな話題になっている「フェイクニュース」や「ヘイトスピーチ」などの問題に取り組んでいるFacebookが、同社では初となる取り組みに関するレポート「コミュニティ規定実施レポート」を公表しました。その内容によると、Facebookは2018年1月から3...

Twitterが「荒らし」によるクソツイートを非表示にすると発表

by Marten Bjork Twitterはプラットフォーム全体の健全性を保つために、「インターネット・トロール(荒らし)」と呼ばれる部類のユーザーによるツイートを、リプライや検索結果ページに表示しないようにする方針であることを発表しました。 Serving Healthy Conversat...