アート

ゲーム公式で使用されるスクリーンショットはどうやって撮影されるのか?

ゲームの公式サイトやパッケージ、さらには公式SNSなどで使用されているスクリーンショットは、実際にユーザーがプレイしても同じクオリティのものを撮影できるとはとても思えないほどハイクオリティなものになっています。そんな公式が使用するゲームのスクリーンショットを撮影してきたアーティストが、公式用にゲー...

絵を描くことを通して狂いそうなストレスを解放する「アートセラピスト」とは?

「絵を描く方法を学ぶ」のではなく、「絵を描くことを通してストレスを解放したり自分の中での葛藤や問題を解決する」という目的を持つ「アートセラピー(芸術療法)」というものが存在します。日本では公的な資格としては存在しませんが、ヨーロッパやアメリカでは資格も存在するアートセラピーとはどのようなものなのか...

レコードのジャケットに登場する場所が数十年後にどう変化したのかがわかる写真が公開中

CDなどのジャケット写真で後ろに風景が写っていると「どこで写真を撮ったのだろう?」と気になったことがある人は多いはず。写真家のアレックス・バーチ氏もその一人で、レゲエ好きな彼は、リリースから数十年経過した有名なレゲエソングレコードのジャケット写真の撮影場所を訪れました。そして、レコードのジャケット...

全幅110mの宮殿に4K映像を映し出すプロジェクションマッピング世界大会プロローグinハウステンボスを観戦してきました

2019年3月にプロジェクションマッピング世界大会が開催される長崎県佐世保市にあるテーマパーク「ハウステンボス」で、そのプロローグイベント「1minute Projection Mapping in ハウステンボス」が2018年4月29日(日)~5月20日(日)に開催されます。開催前日となる4月2...

シムシティで生み出された人口600万人超の究極のディストピア都市「マグナサンティ」

都市経営型シミュレーションゲーム「シムシティ3000」のプレイヤーが、人口600万人の巨大都市「マグナサンティ」を作り出しました。マグナサンティは警察権力によって徹底的に管理され、犯罪発生件数0を維持できている一方で、住民は都市から一歩も出ることなく一生を終えるという、映画や小説に登場するようなデ...

筆の代わりにレンズと太陽光だけで作品を描き上げるヘリオグラフィ・アーティスト

誰もが一度は遊んだことがあるはずの「虫メガネ+太陽」の組み合わせを利用して、木の板の上に絵画を描き上げるアーティストがいます。1枚の作品を描き上げるのに要する時間は1時間から大きいものだと30時間にも及ぶものもあり、その仕上がりは非常に精緻なものとなっています。 Artist Paints wit...

本を美しく修復する方法、中世の場合

本が破れたり物が壊れたりした時に、破損部分を「傷」と考えて捨ててしまうこともありますが、クリエイティビティを炸裂させれば「傷」が「美しさ」に生まれ変わることがあります。作家のPaul Cooperさんが中世に行われていた本の修復方法についてTwitterに投稿しており、当時の世界を垣間見ることがで...

アートを使って世界をひっくり返す「Inside Out」プロジェクトとは?

JR氏はストリート・アーティストとして活動しており、さまざまな紛争地域や危険とされる途上国のスラム街などを訪れ、現地の人の顔をカメラで撮影し、その白黒写真を至る所に貼るというアートプロジェクトを行っています。JR氏の活動は、世界的な講演会を開催しているTEDで「世界に影響を与える活動」として評価さ...

古代建築によくある葉っぱのようなデザインの正体は?

海外の古代建築を絵画や写真で見ると、柱や天井の装飾に似通ったデザインがあることに気づきます。あの葉っぱのような特徴的な模様の正体は何なのか、またどうして多くの古代建築で似たデザインが使われているのかについて、海外メディアのVoxがムービーで解説しています。 Why old buildings us...