奈良春美

銀河の重力でねじ曲げられた光が作る「アインシュタインリング」の姿をハッブル宇宙望遠鏡がとらえる

地上約600km上空の軌道上に浮かぶハッブル宇宙望遠鏡は、大気や天候の影響を受けずに天体観測を可能とする、宇宙に設置された天文台ともいうべき宇宙望遠鏡です。1990年の打ち上げ以来数多くの発見を成し遂げてきたハッブル宇宙望遠鏡が、宇宙空間で重力が光をねじ曲げることで作られる「アインシュタインリング...

YouTubeは自身が社会に悪影響を及ぼしていることを認識、しかし真の打開策を打ち出すには準備不足か

FacebookやTwitterといったメジャーSNSと並んでYouTubeは、大小さまざまな「偽ニュース」の発信源として人々の批判を集めています。YouTubeの首脳陣もその問題を認識して対策に乗り出そうとしているようですが、政治やテクノロジー、カルチャーなど幅広い分野を扱うメディア・Slate...

世界地図を模して海上に建設されたドバイの人工島「The World」の現在とは?

by Nico Crisafulli 中東屈指の金融国家として成長してきたドバイでは、世界地図を模した人工島リゾート施設「The World」の建設を2003年から進めてきました。世界各地の超富裕層をターゲットにしたThe Worldは、2008年の金融危機によって全体的に建設がストップした後、今...

ウォール・ストリート・ジャーナルの電子版は有料コンテンツを購読しそうな読者を機械学習で見極めている

世界を代表する経済紙の1つである「ウォール・ストリート・ジャーナル」(WSJ)は、有料電子版に積極的に取り組んだことでも知られていて、購読者数は100万人を超えています。その「購読者数を増やす」取り組みにおいて、WSJが機械学習を利用して、個々のユーザーの判断を予想し対応を変えているということを、...

「COMITIA123(コミティア123)」参加サークル要注目作品まとめ

プロ・アマを問わずマンガ描きたちなどが自主出版した本を発表・販売する自主制作漫画誌展示即売会が「コミティア」です。オリジナル作品であればマンガ以外の表現、イラスト、小説、評論、音楽、グッズなどの販売も可となっており、条件を満たせば商業誌コミックスの販売もできるようになっています。 開催ペースは年に...

イルカは人間の赤ちゃんよりも早い段階で鏡に映った自分を認識する「ミラーテスト」に合格する

鏡に映った自分の姿を見て自分だとわかる能力は「ミラーテスト」と呼ばれており、動物の知能の高さを測る尺度の一つとして使われています。イルカはミラーテストをパスする動物のひとつですが、なんと人間の赤ちゃんよりも早い時期から鏡の中の自分を理解できることが研究から明らかになりました。 Mirror sel...

高画質を追求してきたカメラは今後「見えない物を撮る」方向へと進化していく

デジタル化が進んだカメラ技術は、高画素化などの「画質」を高めるための進化を続けてきました。しかし、今後、カメラ技術は、画質とは別のベクトルである「直接見ることのできない物を見る」という観点でも技術的に進化していくことが予想されています。 The next generation of cameras...