大和田奈穂子

ビル・ゲイツが「夏の5冊」として選んだ「テーマは重いが楽しく読書できる短い本」のリスト

読書家として知られるビル・ゲイツ氏は、これまでにも「ここ10年で読んだ最高の1冊」や「自分の考えを見直すきっかけになった5冊」などを発表してきました。夏期休暇の時期が近づいてきたということもあり、ゲイツ氏は新たに「夏の読書に値する5冊の本のリスト」を発表。5冊の本は「テーマは重いが楽しく読書できる...

バットマンやスーパーマンだけじゃないアメコミの世界を支える伝説の漫画家

アメリカン・コミックス(アメコミ)と言えば、スーパーマンやバットマン、スパイダーマン、アイアンマンなどのハリウッド映画化され世界中に熱狂的なファンを抱える作品を思い浮かべますが、全てのアメコミが超常的な能力を持ったスーパーヒーローによる勧善懲悪ものとは限りません。そんなスーパーヒーローものではなく...

27年前のソ連製カメラから見つかったフィルムに写る少年の正体が判明し、写っていた本人の手に写真が手渡される

カメラコレクターがロシアで中古のカメラを購入したところ、中から使用済みのフィルムを発見しました。「現像したフィルムに写っていた少年がいったい誰なのか」について、SNSや写真誌を通じて情報を募ったところ、ついに本人を発見し、写真を渡すことができたと、世界中のさまざまな写真や映像を大量にアーカイブする...

第3の目・第4の目を持つ古代トカゲの存在が報告される

約4900万年前に存在した「Saniwa ensidens」というトカゲは頭の上に第3の目・第4の目を持っていたことが、ドイツにあるセンケンベルク研究機関の子人類学者Krister Smith氏らの研究によってわかりました。有顎脊椎動物として初めて4つの目を持つトカゲとして報告されています。 Th...

抗生物質耐性菌の攻略に古くから知られるウイルス「バクテリオファージ」にスポットライトが当たっている

抗生物質が効かない細菌(耐性菌)が登場し、医療の危機が叫ばれています。抗生物質の万能神話が崩壊するとともに、20世紀初頭に注目を集めた「バクテリオファージ」と呼ばれる細菌を殺すウイルスが存在感を増してきています。 Phage treatment of an aortic graft infecte...

「チャリダーマン 自転車旅行男・世界を走る」上巻・下巻のKindle版での表示を改善することに成功

「内容は5つ星だが、説明文と画像が別のページに表示されて不便」と指摘された点をAmazonのKindle版で全面的に改善しました。 問題となっていたのは以下のようなページ。書籍は主に「説明文+写真」で構成されているのですが、端末の解像度の問題で「モロッコの1リットルサイズはお買い得。」という文章の...

Googleが「忘れられる権利」により削除したURLの詳細な内訳が示された「透明性レポート」2018年版を公開

2014年5月欧州司法裁判所において、Googleなどの検索結果から自身に関する情報の削除を求めることができる「忘れられる権利」を認める判決が下されました。そこで、Googleでは同判決後の情報削除の受付を開始以降、検索結果インデックスから除外したURLの内訳などをまとめた「透明性レポート」を定期...

子どもの将来は「幼少時の会話」で決まるという研究

子どもが将来、成功するために、幼少期に大量の言葉を浴びることが大切だという考えがあります。しかし、新しい研究では単に大量に言葉を浴びればいいというわけではなく、言葉と言葉のやりとりである「会話」こそが、重要な役割を持つとされています。 Beyond the 30-Million-Word Gap:...

冬の雪景色が詰め込まれていつまでも眺めていたくなるようなキャンディ「SnowDome Lollipop」レビュー

2008年に創業したアメリカのカスタムロリポップ(棒付きキャンディ)専門メーカー「Vintage Confections」が作っている、冬の夜空や雪景色をキャンディの中に描いたロリポップ「SnowDome Lollipop」が日本国内でも2017年末に登場。朝の情報番組で紹介されるなど話題になり、...